読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

こどもと花火

タロー年長さんの夏の思い出づくりに、お友達と花火を企画しました。

花火ができる場所

都内だとはたと困る、花火をする場所。公園は一応、火気禁止になっています。自宅は戸建なので、とりあえず車庫の先と車道の微妙なあたりですることに。
ご近所付き合いをよくしておいて、短時間で切り上げる作戦です。


花火が買える場所

手持ち花火でしたら、スーパーやコンビニでも手に入ります。
近所に昔ながらのおもちゃ屋さんがあり、花火をバラ売りしています。子供が大きくなってきたら、お小遣いをもたせて自分で選ばせるのも楽しそうです。

ドンキやホームセンターにもありましたし、ドラックストアにも取り扱いが。もちろん、おもちゃ売り場や子供用品店にもあり。

盲点としては、スポーツ用品店です!シュノーケルセットやタープなど、余計なものにも目を奪われがちですが、夏の屋外活動のお伴に花火も売られていますので、チェックしてみてくださいね。

火薬ものですが、通販もできなくはないようです。意外でした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

いろどり花火セット福箱詰め合わせ
価格:3000円(税込、送料無料) (2016/8/13時点)


水、着火器具、虫除け

お忘れなく。
子供は着火をよく失敗します。種火を消してしまうんですよね。立ち消えた花火を、なんとか付け直すはめになることも。柄の長い着火器具が良いです。ライターだと熱いのを我慢して付けて四苦八苦してるのに「おとーさんまだあ〜〜」と非難されるかも。

あらゆる虫除け対策を講じます。虫除け成分入りの種火ろうそく、おすすめです。蚊取り線香もたくさん炊きます。赤巻きが最強らしいのですが、きつすぎて子供がむせます。ハーブ系の香りがするものは、気分も穏やかになってよろしい気がします。



素肌を隠す

気候が許せば、綿の長袖長ズボンだと安心です。化繊は溶けるので、安全面から避けています。足元も、サンダルは素足に火の粉が落ちるので危険です。絶対、落とすのが我が家の男子ですから。
暗い夜ですが、帽子は虫除けになります。髪の短い男の子は、頭を蚊に刺されていることがあります。

浴衣、甚平、作務衣と衣装を楽しむのもまた良しですが、蚊との闘いに勝てる見込みがあればです。足首が弱点。靴下はスニーカーソックスより、長いものをおすすめします。ジローは特に、とびひになると、面倒なんです!



小さい空き缶と大きなバケツ

燃殻を回収するのは小さい缶が便利です。串焼き屋さんの串入れのように、燃殻を入れていきます。
大きなバケツには水をたっぷり。こちらに燃殻を入れてしまい、水と燃殻の分離に手間取り後悔しました。
子供の花火は、軸が細く数も少ないですから、バケツでじゅっと火を消し、串入れに集めるのが良かったです。



カメラ

街灯の明かり程度があれば、表情まで撮ることができます。子供花火は少し明るいところでするのがこつ。
写真を残すなら、大人も一緒のシーンも是非とっておきたいところ。
火遊びは必ず大人が一緒の遊びです。貴重な一枚になると思います!


ビール、炭酸飲料

控えめに。二酸化炭素に蚊が集まります。的になってくれる作戦なら、たっぷり集めて一網打尽にしてほしいですね。父よ、頑張って…


お友達の手土産

お互いに花火を持参。手持ち花火を我が家で、来て頂いたお友達は吹上げ、ヘビ玉、ねずみ花火を数個ずつ準備していました。丁度良かったです。
自宅に呼んだということで、氷菓子が手土産に。花火の後に大人も混ざって、みんなで頂きました。
我が家では、果物ととうもろこし、子供の麦茶とママのノンアル飲料を提供。父のビールのつまみを一緒に食べながらお喋りを楽しませて頂きました。

子供時代、お宮の夏祭りの後に親戚の家に寄ると、必ずすいかを出して頂き、浴衣の染みを気にしながら食べた思い出が思い出されます。そのせいか、こういう庶民のちょっとしたハレの日。ポッキーとかポテトチップスではなく、すいかや梨がお似合いのような気がしています。

お祭りのご褒美に子供達が頂くことが多いのは、駄菓子の詰め合わせなんですが…タローもジローも、味が濃いので殆ど食べません。貰うのは楽しいようですが、そのまま放置されてごみになるのが忍びない。(大抵、母の口に入って消費されます!)
赤飯、お餅、きゅうりの一本漬け、おはぎやお饅頭を頂いてきたときは、その場で家族で頂きます。そういったものの用意には、手間とお金がかかるんですよね。だからなおさら、有難い気持ちになるのかもしれません。