読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

普段着の着物 収納は?

生協さんで購入した桐の着物ケースが押入れにはまりません。


結婚するとき、古風ないなかの母が用意してくれた訪問着と、家族分の浴衣くらいは。ひと竿は欲しいなと購入した桐ケースは色々と反省点がありました。

そんな我が家で買い直すならこんなのを選びたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国産品 桐 押入れ収納 桐たんす 4段大「咲」
価格:27800円(税込、送料無料) (2017/4/9時点)

ポイントは、

  • 押入れ奥行きにはまる奥行き75cm
  • 引き出し式
  • 引き手付き

引き出しタイプならキャスターはあっても無くてもいいと思います。
引き出し一段ごと出し入れすると思うので。押入れ・クローゼットに置いて無駄な空間が余らないサイズがベスト。

奥行き75cmは、たとう紙は折れますが畳んだ着物はジャストでなんとか入りそう。

欲を言えば、着物を入れるにはもう少し浅い段があると嬉しいですね。あまり重ねたくないので。

草履やバッグ、その他の小物を箱ごと収納するには、深い段も必要です。


ちなみに当初のものは、こんな感じ。
浅い段と深い段があるのはとても良かったです。

これはこれで好きですが、押入れ使用上は

  • 長辺が押入れ奥行きに収まらない
  • 引出し式でないため出し入れが大変
  • 取っ手が彫り込みで引っ張りにくい

という難点が。


なぜ今更買い替えを検討したかというと、卒園式と入学式でいなかの母の着物を着たところ、気を良くした母が次々と着物を譲ってくれているので…。
容量も、家族の浴衣と訪問着でちょうどの既存ケースは限界。

着付けを覚えて、着物がワードローブに自然と入り込んできました。