読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

育児用品の入手方法 ぽちっと

サブローの赤ちゃん期も終盤、育児グッズの整理を始めました。

中古品を出す側になって見えてきた、お得な入手方法についてかきとめ。

メルカリを使ってみた

ヤフオクと、楽天オークションも使ってみたことがあります。

メルカリがいちばん簡単に感じました。

  • 匿名
  • 即売
  • 送料が明確

からかな。
個人的には、匿名性が担保されてるのがとてもらくちん。

ネットで住所と氏名を教えるとか、怖すぎる。

送料は、匿名のメルカリ便を使うと自動的に決まります。コンビニで発送。
郵便?ヤマト?持ち込み?とか煩わしいのなし。何より宛名書きがないのが、ケアレスミスの多い母係の心のハードルを下げてくれました。

以下、入手できる育児用品例。

大物 ベビーカーやメリー

そんな手軽さから、子供が産まれるので・大きくなったので、メルカリ始めました。というユーザーが多いのです。

捨てるより貰ってくれからいいや〜という人から格安で入手できる可能性があります。

入札と違って、タイミングが合えば、さっさと手放したい出品者とお得な取引きも。

とはいえ、だいたい皆さんヤフオクやらの相場を確かめて価格をきめているので、ほどほどの所で金額が設定されている感じです。


新生児 肌着や授乳用品

使用期間が短い肌着や哺乳グッズの中古、新古品が出品されてます。

ブランド品の品質を手軽に入手できるので、新品にこだわりがなければ、かなりお得な感じです。

ビードレスが300円で投げ売られてます^_^;

搾乳用品や使い切れなかった母乳バッグなどもあり。
衛生用品は悪意があればいくらでも悪用できる仕組みなので、判断が難しいと感じました。取引相手を信じるしかないあたりが、苦手な人もいるんじゃないかな。


古着

古着とは言いつつ、サイズアウトのほぼ新品も多し。
ブランド名、性別、サイズ、価格帯、送料込みかどうかで検索できるので、楽天市場でショップ間の最安値を比較するより単純にお得感を判別できる感じがします。

マタニティウェアもお役立ち。「通勤に使える」「結婚式と入学式に着た」など、リアルなシーンで網をかけられる。

そんなふうに趣味と必要性の似ているユーザーを見つけると、まとめて用が足りることもあるのが面白いです。体型が似ていて同じブランドを愛用している人の出品が参考になったり。

玩具、教材、楽器

ロディ、レゴ、シルバニアからしまじろうまで、常に一定の出品があるみたい。
状態はそれぞれ。
そもそも入手方法が悩ましい子供サイズの楽器など、使用状況や来歴がはっきりしてるものもあって心強い。習い事の始め方など、シチュエーションも込みで参考になる。

絵本、育児本

送料を考えるとアマゾンより安いこともある。

ハンドメイド

スタイやお名前タグなど、市販品と同じ感覚でハンドメイドが入手できます。登園グッズのセットも。
クオリティはそれぞれな様子。
市販品の色や素材に納得いかないものを、自分好みに作ってくれる人を見つけるのもずいぶんと容易です。


デメリット

独自文化がある模様。肌に合わない人もいると思われます。

  • 購入していいですか?と尋ねてから買えなど。
  • 値下げ交渉があたりまえ。
  • 返品返金は制度的にない。例外的に事務局へ依頼してみることは可能というスタンス。
  • 取引相手を必ず評価しなければならず、評価は「とても良い」がデフォルト。「普通」はダメってことになる。
  • 業者が混じってる。個人との判別がはっきりしない。
  • ユーザーネームが比較的キラキラしてて自己主張が強い。@断捨離中‼︎とか、今週末まで値下げ、プロフ必読★などと入ってくる。
  • プロフィールに注意事項が羅列されていて、その通りに取引きしないと評価を下げられる圧力。(嫌なら取引きしなければいいんだけど。)
  • メルカリ事務局の手数料1割。この単純さがメリットともとれる。
  • お金がプールされる。すぐに現金化されないし、メルカリ世界の中でぐるぐる回して、手数料だけ吸い上げる仕組みな感じ。


最後のところは、お金をかけずに子供服をサイズアップしながらデッドストックをなくすのに、便利に活用してる人もいるようです。

なんにしろ、個人同士のやりとりですからねー、という前提。リスク管理を自分でしなければならないですが、諸々オークションより手軽で安心感がある点が爆発的なユーザー増加の理由かなと感じました。