読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

柿を吊るす 干し柿がうまくいく

いなかの父が段ボールいっぱいの渋柿と共に上京。

リタイアしてから暇にまかせてご近所の柿まで収穫を請け負い、さわしだけでは保存に困って挑戦した干し柿

いなかの家ではあまり上手に乾かなかったようですが、なぜか都内の我が家の軒先でいいあんばいにできあがりました。
以来、調子に乗って毎年、干し柿を吊るしにきます。


形は不揃いですが、こんなふうに綺麗に粉を纏います。



けっこう高価ですねえ。
子供達はぱくぱく食べてますが。


この、栗きんとん入りなど美味しそう。作ってみようかな。



関東の天候は、晴れが多く乾燥し、かつ気温は下がるのですね。干し柿をつくるには良いようです。

ほかの乾物もうまくいきそう。

気懸りは空気の悪さですが、どうでしょうか。