読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

お相撲大会 幼児の部で一勝する

体育の日に神社の境内で行われたお相撲大会に参加したジロー(3)。

母は受付手伝いをしていたので、父親が会場入りを手配しました。

が、準備体操の あんぱんマン体操 からすでにフェードアウト。

3歳児の取組みを応援に行った母が、ジローを見つけられず焦っていると、場外で父親に抱かれてべそべそしている姿が!!

だめだめ〜〜!!


今回は、兄 タロー(6)がいなくてもイベントに参加することが、ジローの宿題だったのです。

母としては、タロー(6)が七転び八起きしながら体当たりで乗り越えてきたハードルを、兄の失敗を教訓に失敗しないように要領よくこなしてるジローを心配した采配です。


お父さん!!問答無用でやらせなきゃだめ〜〜!!できなかったというマイナス案件化するから!!

父親の首に掴まって、おかあさんがいい〜とべそべそしているジロー。

大慌てでジローを父親からひっぺがし、土俵側へ。

なんとか4歳さんの対戦に混ぜてもらうことに。


「ジローさん、ジローさん、(お気に入りの洋服の)ペンギンさんが、お相撲でぺんぺんするぺん!って言ってるよ!ジローさん、オレいくよ!って言ってるぺん!

エルゴで乳児を抱っこし、3歳児を小脇に抱えて強引に上着を脱がせ裸足にしては、支離滅裂なことを言いながら土俵裏に駆け込みます。

「ジローさん、とにかくいっぺん土俵に上がるだけでいいから!

行ってくるだけでご褒美がもらえるよ!
おもちゃとお菓子かな!

タローもじいじもばあばも応援してるよ!あそこにいるよ!手を振っておいで!


頑張って一人であそこまで行ってきたら、おかあさんのぱいぱいふにょふにょしていいから!


授乳中のサブローを横目に、最近赤ちゃん返り中のジロー。だってふにょふにょして好きだからさわりたいんだもん。と(母にだけは)言って憚らないジロー。

母はふにょふにょされたくないので、割と冷たくあしらわれていたのですが、この内緒話は効果覿面でした。


「ぺんぺん、行ってくるぺん!」


おっと、スイッチが入ったようです。

正直、母としては ええーそれでスイッチが入るの?と心中複雑。



無表情に土俵へ向かうジロー。土俵際では母を振り返りもせず、前の取組を凝視。



一歳年長さんの対戦相手と土俵へ上がると、父親との練習どおりちゃんとぶつかって、相手を土俵の外へ押し出しました。


おー。よかったねー。


母は一安心です。君にとっては大きな一歩だ。


戻ってきたジローは「ぺんぺん、がんばったペン〜〜」と無表情にコメント。

ジローは割とファンタジーな人なんです。


その後、靴を履くのもそこそこに母のぱいをふにょふにょして幸せな顔に…

しばらくサブローを押し退けながら楽しみ、抱っこされ、満足したのか自分から離れると、元気に父親と兄の元へ帰って行きました。



なんだか、母乳育児をどこで切り上げるかは悩ましいテーマですが、そこまで必要としているのか!と母としても深く反省した出来事ではありました。


あとは、パパ頑張って〜と…