読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

優しいボールペン 日常使いの贅沢

ボールペンは仕事でも家庭でも必ず使っています。2016.09.29 のGoogleホリデーロゴが、ピーローラースローでした。ボールペンの発明者代表だそうです。


いま、自宅に何本のボールペンがありますか?
ペンはつい買ってしまう贅沢品の一つです。


朝は子供達の連絡ノートを書きます。

(仕事をしていないときは、1日で唯一の字を書く時間という日も。)

家族や親戚、友達の誕生祝い、バレンタインや敬老の日の手紙を書きます。

料理のレシピや、出かけるついでにまわる用事をメモします。

来月の支出予定を筆算。

よそへ送る荷物の宛名を書きます。

家具やカーテン、小物のサイズを測ってメモします。


手帳に予定を書き入れます。

母子手帳にこどもの様子を書き込み、カレンダーへ予防接種の予定を記入します。


字が下手なので、少しでも上手に見えてほしい。気持ち良く書きたい。

フリクションペンは、誤字の多い母にありがたい存在ですが、親書をペンで書くという付加価値には足りません。正式な書類にも使えないので、メモ用なんですよね。
個人的には印刷物の字間にも書き込める極細タイプが便利です。


極細のボールペンは細かい書き入れに重宝します。
ユニボール シグノ はコンビニでもあるとつい選んでしまう一本。
枠の大きい行政の書類や高齢者の方向けのお手紙には向かないのが難点。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三菱鉛筆/ユニボールシグノ超極細 0.28mm 黒/UM15128.24
価格:117円(税込、送料別) (2016/9/29時点)


エナージェルユーロは、履歴書向きで流行ったようですが、線の太さが均一で書いている時間が気持ちいい一本。青インクの色が落ち着きありつつも明るく、手帳へも他人に渡すメモにも使いやすいです。
今のところ我が家の定番です。


夫の誕生日プレゼントを迷っていましたが、ボールペンもいいなあ。