読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

運動会の定番お弁当

運動会、子供のハレの舞台です。
お弁当は家庭の味が顕著に出ますが、思い出のメニューは何ですか?

いなかでは、

  • 栗ごはん
  • 卵焼き
  • 筑前煮のような煮物
  • チーズを挟んだ豚かつ
  • 果物は梨とぶどう

が定番でした。

自分が母となり、タロー、ジローにも、似たようなものを作ります。


ただし、いくつか改良があります。


ジローは軽い卵アレルギーなので、卵焼きは入れません。

男子達に肉を所望されるので、唐揚げがメインです。

タローは一時期エビフライに傾倒したので、頑張って作っていましたが、実はそれほど好きではないことが判明。

チーズ好きの2人のために、ちくわの穴にチーズを詰めたものと、ちくわの穴にきゅうりを詰めたものが定番化。
子供でも食べやすい。

主食は、白米と梅干しフェチのジローのために、梅干しおにぎりと栗ごはんおにぎり、最低2種類。

具沢山のミネストローネ。



汁物のミネストローネは、タローが小さい時に始まりました。
切った材料を火にかけておくだけ、魔法瓶のなかで美味しさが増すので、とても手軽です。

野菜がごろごろ入っていて、加工肉が少々、ブーケガルニとブイヨンとトマト缶で味が付いています。
水分と野菜を同時にとってもらえる、安心メニューです。離乳食の乳児から父親まで、好んで食べてもらえるので重宝な一品。

魔法瓶に入れていき、カップに出してスプーンで頂きます。最低、爪楊枝があれば、汁はすすればいいし、タロー(5)は箸が使えるようになり、スプーンも不要に。



さて、今年も運動会に向けて、タローとジローのリクエストを聞き出しておかなくてはなりません。


お弁当を作る日に限って、みんな早く起き出してきて、仕事にならないんですよね…。