読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

いなからしい物 器や道具

梅干しの甕。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

クーポン使用で¥500 OFF ! 益子焼 甕(かめ) 3升02P09Jul16
価格:7149円(税込、送料別) (2016/9/7時点)

これは益子焼で、少し珍しい。常滑焼がいかにも尤もらしい気がします。

祖母が梅干しを保存していた甕は、縁側の薄暗いところに仕舞ってありました。底が暗くて酸っぱそうな梅酢が溜まっていたのを思い出します。

今住んでいる家に縁側はないけれど、甕は欲しいもののひとつ。



座布団
座布団のないおうちも多いと思いますが、クッションではなくて座布団。夏用があれはなお素敵です。

綿の座布団は、買うと驚くほど高価なもの。布団を処分するときに仕立て直してもらうのがおすすめです。寝具としてはへたった敷き布団も、状態の良い 部分の綿を選んで座布団にしてくれます。

夏座布団は、ござのようなのです。

普通の座布団と厚みが全く違って、座り心地はそんなに良くないと思うのですが、見た目の涼やかさが素敵。

す障子とあわせて、夏を感じる贅沢。



ウィッシュリストとして、思いついたときに書き留めていきたいと思います。