読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

記念写真を写真屋さんで

子供と着物を着たいシリーズ。
スタジオアリスさんです。

サブローお宮参りの記念写真を、やっと撮りました。ハーフバースデーならんという今頃に。

真面目に購入するとやってられないお値段なので、祖父母方にはデータ購入後に台紙をつけて差し上げたい所存。
台紙は六つ切でもお値段800円ほどで2枚入れが買えそう。

プリントは1枚250円ほど。

スタジオアリスさんでプリントすると6つ切が5千円くらい、台紙はサービスあり。有料台紙は1200円からという感じです。

晴着を嫁の実家が用意してくれたので、タローも、ジローもそれを掛け着にしたのですが、今日はなんと風呂敷包を間違えて持参。包を開けたら夫の浴衣が出てきたという。夫が急ぎ取りに戻ってくれました。

タローとジローはスーツをレンタル。
一瞬、掛け着もレンタルでと思ったのですが、まあ頂き物なので、着て見せないとね…。

ジローのお宮参り写真は、初めてのスタジオアリスさんでした。システムがよく分からない上、私が知っている写真屋さんとは全く違って、狼狽しました。親は何のセットもないのねー。

タローのお宮参り写真は郷里のスタジオで撮影したのですが、他にお客さんはいなくて、大人もミリ単位で座る位置に角度に調整。座った後に櫛を入れたり襟を直したり。

子供の頃から写真屋さんってそういうものだと思っていたので、スタジオアリスさんはカルチャーショックだったのですよね。

子供もネクタイ曲がってるけど、そのまま撮るの!?私髪の毛食べてるんですけど…という感じ。

そうか、コスプレに意義があるのね!と理解し、求めるものを誤っていたと昔ながらの写真屋さんを探したのですが。
無い。
なんとか見つけたスタジオへ、タローの七五三写真を撮りに、行ってみました。
でもねー…デジタルの処理が下手で…銀塩はもう材料がないっていうし。
他に探すも、現代風のポートレートの雰囲気で、昔ながらのスタジオ写真を求める我が家の要請に応えるところが見つかりません。
しかも自宅の近くでないと。行事ごとにさっと行きたいのですよ、子供達とじじばばを引き連れて、さばきのむつかしい着物を着たりなどして。


現代風のポートレートをなんで好まないかと言うと、まず、着物を着たいわけなので、着物姿を良く撮ってほしいのです。着物を良く見せる姿勢を作ってくれるカメラマンでないと。重心のつけ方や顎の角度などが、普段の自分の癖のままだと、悲しいことに写真映えが悪いのですよね。

それから、じじばばを綺麗に撮ってほしいのです。
年寄りを美しく撮るのは技術が必要ですよね。ありのまま生活にくたびれたおじさんとおばさんが写っては興醒めなのです。かと言って、ただあっけらかんと明るく楽しい雰囲気で撮れれば良いというわけでもないのです。歳を重ねて苦楽が影を深くしているような、威厳のある姿を写し取ってほしいのです。

そして、時間を経ても陳腐化しない作品であってほしいのです。
オマケ、余剰なら良いのですが、家族の公式な記録として撮影してもらうわけなので、面白くなくてもよくて、型にはまった写真を求めているわけです。

もちろんそうでない写真をうりにしているスタジオでも良く、オーソドックスなものも頼まれれば撮ってあげますよということで良いのです。しかしそれが見つからなかった。


そんなわけで、今回は近場のらかんスタジオさんに予約を入れました。らかんスタジオさんは混んでいて、週末は半月以上先でないと空きがありません。お宮参り写真としては月齢が上がってしまうけど、仕方なく1月先の予約を入れました。
大体、子供3人いれば誰かが体調を崩すんですよね〜。
2回キャンセルした時点でらかんスタジオさんを断念し、結局は直近の週末に予約可能なスタジオアリスさんへ。時間の流れには逆らえません。

今回はとコスプレも考えましたが、むり!むり〜〜。
父親は平日休めなかったので、混んでいる週末で空きがあった昼過ぎの時間帯。子供3人を連れて授乳とおむつ替えと昼寝をかわしつつつコスプレを楽しむとか無理だった。
まあ、子供の衣装はスーツをレンタルと割り切ったので、準備の気は楽でした。靴下買ったり靴を合わせたりしないですんだから。持込の衣装は準備も片付けもセットも手を貸してもらえない…これもカルチャーショックの一端でしたが。

男4人。コスプレの醍醐味は特にない。みんなでスパイダーマンになれと言うのか。ジローはむしろドレスを着たがっていたし。それでも別に良かったのだけど…。余裕があれば着させてあげたかったよ。
子供達全員で着物を着れば良かったのか。でもねー、レンタル着物は晴着なのよ。皆が晴着はないでしょう。なんでもありじゃあ、節目もハレもあったもんじゃあないでしょう〜。

という呻吟を心の中で5秒ほど葛藤し、結局は主役は掛け着、残りはスーツ姿での撮影となりました。

母は頑張って着物でも良かったです。着たかったですよ!もちろん。

次の子供と着物を着たい!は、タロー卒園式。タロー入学式。花祭りお稚児さん。そしてジロー七五三です。