読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれとけ日誌

ぜんごしょの東京暮らし

アトピー体質とお付き合い 基本編

我が家はアトピー家族です。両親がアトピー体質なので子供たち3人もアトピっ子。産まれた時からメンテしてきましたよ!我が身と5歳、2歳、0歳の息子ズで試しに試した結果、採用中のラインです。

毎日使ってます
  • 入浴剤 薬用ソフレベビーバスエッセンス (株式会社バスクリン)
  • 保湿 Mama&Kids ベビーミルキーローション (natural science)
  • 洗浄 コンテス クリーンフォーム
  • 洗髪 プリグリオN ナチュラルハーブシャンプー シトラス
調子が微妙なとき
  • 亜鉛華単軟膏
  • プロトピック軟膏
だめなとき

アトピーはとにかく予防!清潔にして保湿。なってから治すよりずっと楽です。

子供に掻くなと言っても無駄…。痒い拷問も史実にあるわけで、虐待になっちゃうよと。健康な肌は掻いても掻き壊れないです。

我が家の定番はnatural scienceさんのMama&Kids ベビーミルキーローションこれはよくできてると思います。第一子の妊娠中に妊娠線予防のナチュラルマーククリームを使ってから、長いお付き合いになりました。

とはいえ結構いいお値段なので、家計を預かる身として Cetaphil(セタフィル)モイスチャライジングローション を試したことも。でも、子供の肌のもっちり感が違う。

皮膚科で処方してもらうヒルドイドソフト軟膏とプロペトの混合軟膏を活用しつつ、ベビーミルキーローションを切らさないようにしています。

ヒルドイドソフト軟膏は血管拡張するので、炎症箇所には使いにくい。ただ、ヒルドイドを出してるマルホさんは、プロトピックを日本で販売したりと、肌分野で真面目に頑張ってるメーカーという印象です。株を買いたいくらいだ。

薬用ソフレベビーバスエッセンスも、ツムラの本気をみた感じ。沐浴剤なんですが、入浴剤としても使い続けています。スキナベーブより汚れ落ち、保湿力ともに良かった。アトピタやピジョンも試し、ソフレベビーに戻りました。natural scienceの入浴剤よりも良かった。塩素をしっかり中和してしっとりさらすべ。大人の肌も調子が良い。ベビー用品売場の定価はお高いですが、詰替を割安に購入できます。注意点は、ぬるぬるして滑りやすいのと、ベビーじゃないソフレは全く別物ということ。香料の匂いもきついしだめでした。

コンテス クリーンフォームはアトピーが出ててもしみにくく、子供が洗浄を嫌がらないので。ただし目にはとってもしみます。
基本的には子供の頭もこれで洗います。バリバリになりますが。赤ちゃんの首や脇のくびれ奥の垢も、すんなりとれるので肌への負担が少ない。亜鉛華軟膏が付いていてもオフ可能。

で、頭髪をしっとり洗いたい時はプレグリオを使用。肌の弱い美容師さんが、業務シャンプーで手荒れしないし、子供の顔も洗えると聞いて試したもの。主に私が使っています。シャンプーが原因で首や肩に出がちだった湿疹が、なくなりました。そんな訳でリンスやコンディショナーも残るものは厳しかったのですが、これは洗い上がりがしっとり(洗浄力は弱い、香りも弱い)なので、リンスなしで使ってるのが特徴。ベタつくのがいやな旦那さんは使いません。